【有料級!?】ポケモンカードデッキの作り方 ~初心者、中級者向け~

ポケカ役立ち情報

こんにちは、とーまです


普段はYouTube+ポケ神まとめサイトを運営しております

【ポケカ/対戦】イオルブVMAXVSホエルオーV 2戦目 ポケモンカード

実績
ミュウツーHR争奪戦優勝(世界300枚限定)
エクストラバトルの日5回優勝
桃屋杯ベスト16

※この記事は自論であり正解ではないです
デッキ構築は正解はないとおもいます
この人はこんな感じでデッキを作っているんだな〜って感じで見てもらうといいです

結論

結論から言います。

「2ターン目で技を使えるように組みましょう」

例として

三神ザシアンだと「オルタージェネシスGX」

ムゲンダイナVMAXだと「ドレッドエンド」

このように2ターン目から強力な技を打てるのが環境トップにいる理由です

どのカード使っても2ターン目に技使えば勝てるかと言われるとそうではないです

そのためにTierランキングがあり、デッキパワーで差が生まれるのです。

ポケモンカード 最強デッキTierランキング 9月更新

しかし、ポケモンカードに運はつきものです。

Tier1といっても事故があったりすると種切れ(バトル場とベンチからポケモンがいなくなる)などで負けてしまいます。

2ターン目ではなく、3.4ターン目からの攻撃をしていると、相手が事故ってたとしても、3.4ターンたてば、準備が整ってしまいます。

ここでは勝ちにこだわっていますが、環境デッキに勝たないとダメと言っているわけではありません。

私自身、ギャロップなどの環境には程遠いカードを使っているいても、ポケモンカードは楽しいのです。

私の自論ですが、プロでもないので、ポケモンカードは「勝つためではなく、楽しくポケモンカードをする」のが私のモットーです。

勝つためにポケモンカードをしてしまい、
ポケモンカードが嫌いになった記事です。
復活した理由も書いております。
「あの頃は好きなポケモンで戦っていた」

話はそれましたが、ギャロップは「こうそくいどう」を連打したいのです。

「無敵やぞぉ〜!ほれほれ〜!」がやってみたいのです

このデッキも2ターン目から技を使っていました。

絶対とは言いませんが、2進化ポケモンがアタッカーのデッキは環境に入りづらい傾向にあります。

2進化ポケモンというのは、進化するためポケモン、たねポケモン、ふしぎなあめ、技を打つためのエネルギーと、少なくとも4つの条件が揃わないといけないのです。

上の条件によって、2ターン目からの攻撃がとても難しいのです。

楽しさの面で言えば、デッキ構築のしがいはとてもあります。

ポケモンの選び方

1.使いたいポケモンを選びます
2.2ターン目に使いたい技を決めて、どうするとたどりつけるか考えます。

例として
三神ザシアンの場合

「オルタージェネシスGX」を仮定して

1ターン目
アルセウス&ディアルガ&パルキア(以下、三神)を用意する
手張り

2ターン目
手張り
これで完成です。

※手張りとは、エネルギーを1ターンに一度はることの略称です。

ガラルヒヒダルマVMAXの場合

「ダイゴウセツ」を使うと仮定して
ガラルヒヒダルマVMAXは4エネルギー必要なので、手張りだけでは2ターン目の攻撃には間に合いません。

よって水タイプのエネルギー加速手段として優秀なモスノウを使います。

1ターン目
ガラルヒヒダルマVの用意
ユキハミの用意
手張り(モスノウを使うので、出来なくても可)

2ターン目
ガラルヒヒダルマVMAXに進化
モスノウに進化
ベンチにいるガラルヒヒダルマVMAXに
ひょうせつのまいを使い
4エネルギーをはり
バトル場に出して「ダイゴウセツ」
これで完成です。

このように「オルタージェネシスGX」と「ダイゴウセツ」だけでも必要な条件数が違います。

「オルタージェネシス GX」の場合は
・三神の用意
・エネルギーカード
・エネルギーカード
と最低でも3項目でいいでしょう。

「ダイゴウセツ」の場合
・ガラルヒヒダルマVの用意
・ユキハミの用意
・ガラルヒヒダルマVMAXの用意
・モスノウの用意
・エネルギーカード4枚
・ひょうせつのまいを使った後の入れ替えカード
と最低でも6項目です。

この6項目が一つでもできないと、攻撃できません。

またこの項目が増えれば増えるほど、2ターン目に技を打つことは難しくなります。

三神ザシアンは簡単なおかつ、強力で項目が少ないのが強い秘訣と考えます。

最初の手札にほしいカードがくる確率

例:三神ザシアン

三神ザシアンというデッキは、確実に三神を場に出して、エネルギーを張りたいので、私は最初の手札に欲しいカードがくる確率を計算します

デッキが60枚のうちに、最初に引けるカードの枚数は7枚+ドローでの1枚

この8枚で1ターン目の間に、三神を出せるカードとエネルギーを手張りしたいのです

8(最初の手札) ÷60(デッキの数)=13%(初手に欲しいカードが来る確率)

確率の問題ではありますが、8枚以上デッキに入れると初手に三神など持ってこれる確率になります。

実例で言うと
三神2枚
クイック4枚
プレシャスボール2枚
この構築をすると初手に三神が来る確率をクリアできることになるでしょう。

グッズの選び方

三神ザシアンを例にあげていきます。
1ターン目にしたいことは、三神を場にだして、手張り

まずは場に出すカード
「クイックボール」「プレシャスボール」「タッグコール」などが候補に上がってきます。

具体的に言うと、三神(現物)と合わせて8枚は入れたいです。

クイックボールなどの「ボール系」以外などのグッズは相性が良さそうなカードを入れましょう

解説したいのですが、炎タイプのデッキにエレキパワーは入らないのでね…

そのデッキにあうかな?と思うデッキを入れてみます

あとは、パクリもとても大切です
上位勢が使って結果を残しているレシピを丸パクリします

使ってみると、この盤面で使うのか、これはこういう風に使うのかと勉強になります。

なぜ入っているのか、など疑問を持つことも大事です。

後から、このカードはもっと入れたいななど調整で大丈夫です

サポートの選び方

結論:基本は↓の3種類

・博士の研究4枚
・ボスの司令3枚
・マリィ3~4枚

この3種類でオッケーです。

この3種類は、カードパワーがどれも高いです

デッキの構築初期として、これら10.11枚で良いでしょう

博士の研究
パーツ集め

ボスの司令
効率よくサイドを取れる

マリィ
ドローできるかつ、序盤から打てるリセットスタンプ

困ったらこの3種類のカードを入れればいいのですが、炎タイプのデッキには「溶接工」は入ってきます。

このように相性の良いデッキごとに、博士、ボス、マリィ以外のサポートカードを入れると良いでしょう。

※ボスの司令の値段が高く買えない場合はポケモンキャッチャーで大丈夫です

ポケモンキャッチャーにも強い点はあります。

博士の研究を使いながら、2分の1でベンチポケモンを呼べる確率があります。

これはボスの司令にはできないことです。

スタジアムの選び方

結論:スタジアムは0〜3枚です


次のターンも使えるかな?
というグッズに近い存在です

1ターンに一度なので、デッキに入れすぎても
使えないときがあります。

自分が使うデッキの恩恵が大きいものは入れたいです。

各タイプ別に使えるスタジアムを簡単に解説していきます


Sランク
巨大なカマド:溶接工と合わせて使いたいため入ってくる

Aランク
ヒートファクトリー:ヒートファクトリーで引くより、巨大なカマドで確実にエネルギーを引いた場面が強いことが多いため


Sランク

サンダーマウンテン◇:雷デッキには入る


Aランク

ターフスタジアム:草タイプの進化デッキなら入れたい

Bランク
ライフフォレスト:ワンパンデッキが増えているため、入りづらくなっている


Sランク

格闘道場:闘タイプ主体のデッキには入っている

フェアリー
Bランク

ワンダーラビリンス:フェアリータイプ主体デッキが少なく、他のタイプに入ることがある。マルヤクデVMAXなど自分のエネルギー数が少なく攻撃できるデッキに入る


Cランク

テンガン山:メタルソーサーが出たので、最近では使われなくなった


Bランク

ブラックマーケット:デッキが守りに入ってしまうため、採用されにくい

その他優秀なスタジアム

Sランク
トキワの森:確実にエネルギーを手張りするために採用される
相手にも使われるカード

Sランク
混沌のうねり

相手に有利に働くスタジアム一度を打ち消すことができる。
妨害、相手だけが優位に働くことを嫌い、デッキパワーに自信があるデッキに入ることが多い

エネルギー枚数の決め方

結論は「理想の戦い方をしたいポケモンのエネルギー数+3枚」です

例で説明していきます

三神ザシアン
三神ザシアンの理想的な戦いは

三神とザシアンVとザシアンVのこの3体で戦いたいのです。

三神の「アルティメットレイ」3エネ必要

ザシアンV「ブレイブキャリバー」3エネ必要

二体目のザシアンV「ブレイブキャリバー」3エネ必要

最低でも9エネ必要なのがわかります。

9エネでいいじゃん!ということなのですが

サイド落ち

トラッシュに鋼エネルギーを送っておいて、メタルソーサーを使いたかったり

確実に毎ターン手張りしたいので、ドロー系のカードを使わないターンでも手張りをしたいです

理想の戦い方をしたいポケモンのエネルギー数+3

三神ザシアンはこれにあたり、9+3で12枚になります。

戦うポケモンのエネルギー数にもよるのですが、平均的には12枚だと思っています。

まとめ

・2ターン目から技を使えるように組む

・デッキに8枚以上入れると初手でほしいカードがくる(エネルギーなど)

・使いたいポケモンを選び、2ターン目に使いたい技ををきめてどうたどり着けるか考える

・グッズはデッキ事としか言いようがなく、困ったらパクる!

・サポートは博士4枚、ボス3枚、マリィ3~4枚

・スタジアムは0~3枚

・エネルギーは「理想の戦い方をしたいポケモンのエネルギー数+3枚」

一番大切なのは何度も言いますが、「2ターン目から技を使うこと」ですね

まぁここまで熱弁しましたが少しガチ勢向けになってしまいますね

ポケカはやっぱりたのしまなきゃ!

そんな感じ!

おわり!!

タイトルとURLをコピーしました